新型コロナ感染症対策について

新型コロナ感染症対策について

<経緯>

2月28日をもって登校中止

3月2日より休校対応開始

3月30日zoomによる試験配信第1期開始

 各学年1時間 週1−2回

 「メンタルケア・接続試験・トラブルシューティング」

 見逃しや環境整備が間に合わないご家庭向けにYoutubeにも限定公開

4月7日政府より緊急事態宣言

4月18日zoomによる試験配信第2期開始

 各学年1時間 週2−3回

 「学習サポート・双方向性の強化」

5月7日zoomによる授業正式開始

 全学年•月~金曜•9時~昼まで

 Google Classroom運用開始

 希望者向けにiPad貸与開始

 

5月25日政府による緊急事態宣言解除

5月30日zoomによる学年保護者会

6月1日分散登校開始

 zoom・Google Classroom運用継続

 

<オンライン授業>

試験配信1期ではあらかじめ録画したVTR(体操・英語や宗教の絵本・算数分野など)を再生しつつ児童の様子を見る程度でしたが、2期以降は児童相互のやりとりを増やし、内容もライブでの実践が増加しました。

操作方法の練習時間なども取ることで、低学年でも自分で機器を使いこなせるようになってきました。

 

5月7日以降は全学年毎日実施し、学年に応じた授業展開となりました。全教科で実施されたことも大きなポイントです。

zoomに加え、Google Classroomでの教材配布&提出・添削、ミニテストや復習につながるフォームの利用により、高い双方向性をもった授業展開が可能になりました。

 

 

また、十分な準備期間を経たため、ご家庭内で児童が一人で操作するだけの習熟と、学校側としてもトラブルに迅速に対応できる体制をとることができました。

 

 

<分散登校>

緊急事態宣言解除、感染状況の改善、新・学校生活様式の導入の目処が立ったことをうけ、分散登校を開始することとしました。

オンラインでの授業が軌道に乗っていますが、教育課程進行だけでなく、関わり合い学び合いを通して生きる力をつけていくことも小学校として重要なことと捉え、衛生管理・指導を徹底し、当面3学年ずつ、朝9時20分〜14時30分最終下校とします。

 

<衛生対策>

校内衛生管理として学校医の指導のもと、以下の対策を行ってまいります。

・教職員の検温、マスク着用、手洗い

・児童登校時に検温カード提出

・学年ごとに動線を分離

・教室は20名を基準

・換気を徹底

・教室内や教材、遊具は教職員による消毒作業

・公共の場は用務員による消毒作業

・保健室用スペースの拡充

 

衛生指導としては次の通りです

・駅やバス停での指導

・入室時や食前の手洗い指導

・学習用具の貸し借り制限

・手洗い・マスク着用指導

・ソーシャルディスタンス指導

・マスク着脱指導

 

 

スクールバスでの対策は次の通り

・乗車人数を25名に制限

・中高生とは時間を分離

・常時換気、運行会社による消毒の徹底

・車内では会話を制限

 

行事等見直し

・1学期全行事中止

・2学期宿泊活動中止

・オンライン保護者会実施

 

ご家庭には以下のことをお願いしています

・毎日の健康観察・検温&カード提出

・規則正しい生活習慣の維持

・十分な栄養と休息をとる

 

 

<謝辞>

愛晃会小学校ブロックよりiPad20台を寄贈していただきました。また、保護者の皆様には休校期間中、多くのご不便をおかけしたにも関わらず、多大なご協力・ご理解をいただきましたことを深く感謝いたします。

page top